糖質制限と炭水化物制限ダイエットの違いと危険性筋肉が減り脂肪が増えるとは?

toushitsuseigen2

炭水化物を取らなければ、他には食材の制限がなく、しかも運動なしで痩せられると人気のある糖質制限ダイエット。

2016年6月30日モーニングショーで放送された糖質制限ダイエット体への影響より、糖質制限ダイエットと炭水化物制限ダイエットとの違いや、糖質ダイエット推進派と慎重派の理由や、筋肉が減り脂肪が増えるのはなぜ?についてまとめてみました。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットと炭水化物制限ダイエットとの違いは?

秋葉原駅クリニック院長の大和田潔先生の解説によると、

炭水化物は糖質だけでなく食物繊維を含むものを指します。
若干の違いはあれども本質的には変わりません。よって、ほぼ同じダイエット法と考えられます。

糖質制限ダイエットとは、糖質を含む食材以外なら、何を食べてもOK!
ダイエットで制限されがちなお肉や油ものも心配せずに食べることが出来るため、
空腹感を我慢しなくても良いのが人気の理由になっています。

糖質制限ダイエットの成功例として、マライア・キャリーやレディー・ガガがあげられていました。
写真で見ると見違えるようなスリムぶり。

海外セレブが成功した!と伝わり始めた辺りから糖質制限ダイエットが日本でも注目されるようになりました。

糖質制限ダイエットの危険性は?

まず、肯定派の1人である高尾病院の江部康二理事長は、このような意見です。

ダイエットでカロリー制限のしすぎはNG。
糖質制限ダイエットは、糖質の代わりにまんべんなく栄養をとる安全なダイエット法。

大和田先生によると、炭水化物の過剰摂取によって太っている方は、確かに糖質を制限することで痩せることが出来るのだそう。

一方慎重派として、聖路加国際病院の能登洋部長は、このような意見です。

糖質制限を5年以上続けると死亡率が上がるというデータも

糖質を多くとる人と、お肉は食べるけど米は食べないというような、糖質をあまりとらない人27万人を追跡調査した所、糖質を多くとる人に比べ、あまりとらない人は死亡率30%増とのこと。

出典:国立国際医療研究センター研究所「糖質制限食による死亡リスク」から

過度のダイエットされている人も含まれているのか?という事を踏まえても、大多数の人は健康になるためにダイエットしているはずが、死亡率が上がるというのはショックですね。
まだ長期的には安全性が確保されていない部分もあると言えます。

もう一つ、頑張ってダイエットしているはずがショックな例もあります。

スポンサーリンク

糖質制限により筋肉が減り体脂肪率が増えるって?

京都大学の森谷敏夫名誉教授によると、

糖質は脳と筋肉のエネルギーになりますが、不足すると脳が筋肉を食べることで隠れ肥満になるとの事。

頑張って糖質を減らしているのに、脳が筋肉を食べるとか、隠れ肥満って怖い話ですよね。

通常は糖質が脳や筋肉のエネルギーになりますが、ダイエットなどで糖質が不足すると、筋肉が脳のエネルギーにとられてしまいます。

あれっ?これまで糖質制限で言われてきたことの中で、

「糖質制限って、脂肪過多になっていたものがエネルギーに変わるからいいってことですよね?」

私も実はそう思っていましたが、

脂肪も脳のエネルギーにはなるけれど、少し時間がかかるし限界があります。
そして、人間の体は脂肪より筋肉を使って行く方が圧倒的に楽なため、糖質が足りなくなると、脂肪より先に筋肉をエネルギーにします。

そうなると、体重が減ると痩せた!と喜ぶ所が、実は筋肉が細くなって減っている可能性が。
そして、脂肪はそのままで体脂肪率が増えて隠れ肥満になり、さらに痩せにくい体質へなり、リバウンドしやすい身体になってしまいます。

さいごに&関連記事リンク集

ここまではどちらかといえば、糖質制限ダイエットは危険という感じになってしまいましたが、糖質や運動を上手に取り入れることによってダイエット効果につなげていくことができます。

糖質制限のデメリットやリバウンドの理由や正しい方法は下のリンクからどうぞ。
糖質制限ダイエットのデメリットとリバウンドの理由と正しい方法は?

最後まで読んでいただいてありがとうございますm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

author名称