スープジャーでおかゆのレシピ中華粥風おかゆの米と水の割合カロリー糖質は?


寒さを感じる時期には、暖かいものを簡単に美味しく食べたいですね。
スープジャーはステンレス魔法びん構造ゆえに保温も保冷もでき、更に保温機能の高さを使って料理が出来るのも、お弁当には不可能だったメニューを美味しく食べる事ができたり、時短や光熱費の節約になるという部分で魅力的。

材料を入れてそのまま保温で出来るおかゆに一味加えた中華粥を作り、おかゆにする際の米と水の割合とカロリーと糖質についてまとめてみました。

スポンサーリンク

スープジャーでおかゆのレシピ中華粥風

お湯切りをする時に味噌漉しを使った以外は、米とぎから、おかゆ完成までスープジャー一つで完結^^

材料

(サーモススープジャー300ml1コ分)

米 大さじ2(30g)
中華だし 小さじ1/2強
長ねぎ 適宜
粉末しょうが 少々
ごま油 少々

作り方

まずは熱湯をスープジャー2つ分程沸かしておきます。

1・大さじ2のお米と水適宜を入れて軽く振りお米をとぎます。

2・熱湯をスープジャーの上部まで入れて、ジャーと米を1分間温めます。
ここが保温調理を維持するコツになります。

3・2で使ったお湯を湯切りして、長ねぎと調味料を加えます。

3時間位で食べる事ができますが、朝作ってランチに食べるとなると、もう少し時間が経ってしまったりで写真は5時間後のです。

蓋を開けた途端に、胡麻油のいい香り♪

お米がほろほろと柔らかく仕上がって水分的には7分がゆ位になりました。

スポンサーリンク

おかゆの種類と米と水の割合は?

ちなみにおかゆの種類と割合を見ると

全がゆ(20%がゆ)  米1:水5の割合
七分がゆ(15%がゆ) 米1:水7の割合
五分がゆ(10%がゆ) 米1:水10の割合
三分がゆ(5%がゆ)  米1:水20の割合

になり、カロリーや糖質をさらに減らしたいという場合には、さらに水の量が多い五分がゆや三分がゆになりますが、普通にご飯を食べている方にとっては、とてもじゃないけど食べる満足感としては厳しいものがあるような。
七分がゆや全粥なら食感もご飯を食べているに近く、暖かい食べ物は冷たいものよりお腹が温まる感じから、より満腹感を得られます。

スープジャーを使えばほったらかしで作ることができるので便利ですよ。

おかゆのカロリーと糖質は?

おかゆは、水の量が加算された分、ご飯の量が減っても満足感を得やすいです。

ちなみに、精白米100gあたりのカロリーは356Kcal、糖質は76.6g
精白米10gあたりにすると、カロリーは35.6kcal、糖質は7.66g

こちらの中華がゆレシピに使用したお米の量は30gですので、お米の量から換算したカロリー糖質は

カロリーは35.6kcal×.3=106,8kcal 約107kcal
糖質は7.66g×3=22.98g 約30g

になります。

そして、中華がゆにしたので、ごま油分のカロリーが加算されます。
ちなみに、ごま油のカロリーは100gあたり920kcalと高めですが、糖質は0gになります。

この辺りはダイエットでの制限度合いに応じて適宜調整されるがよいです。

さいごに&関連記事リンク集

お弁当にスープジャーとおかゆは使えますよ。の話から始まりましたが、おかゆは色々なシーンで食べる機会があるのですね。
簡単おいしく温まれる食事作りの参考になれば幸いです。

スープジャー本体や保冷バック、レシピについては以下の記事でご紹介しております。

スープジャー保温バックとお弁当容器付サーモスフレッシュフードコンテナー購入の感想

最後まで読んでいただいてありがとうございますm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

author名称