グルテンフリーマルコメダイズラボ大豆粉のカレールーカロリー糖質と味の感想は?

グルテンフリーを実践しているけどカレーが食べたい。

一般的なカレールーは、小麦粉を炒めて伸ばすことでとろみを付ける、ルウという技法で作られているため、代替えはあるかが気になりますよね。

・グルテンフリー
・糖質制限
・脂質を避けている

の方に良いのでは?

と感じた、国産大豆使用でグルテンフリーかつ糖質オフの、マルコメダイズラボ大豆粉のカレールーを求めてみたので、カロリーや糖質や味の感想や購入先についてまとめてみました。

スポンサーリンク

マルコメダイズラボ大豆粉のカレールーのカロリーと糖質は?

1袋120g。
中辛味で、5~6人分です。

作り方と、ロカボレシピも書かれておりました。

原材料は、

大豆粉、食用油脂、難消化性デキストリン、カレー粉、でん粉、食塩、唐辛子加工品、トマト粉末、チャツネ、香辛料、酵母エキス粉末、チキンブイヨン粉末、フライドオニオン粉末、マッシュルームエキス粉末/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(キサンタンガム)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸味料、(一部にごま・大豆・鶏肉・バナナを含む)

1袋120gあたりの栄養成分は

エネルギー 512kcal
タンパク質 18.2g
脂質 25.2g
炭水化物 53.0g
糖質 35.4g
食物繊維 17.6g
食塩相当量 11.6g

カロリーは、一袋6人分として、1人分約85kcal。
一般的なカレールーが、一かけら20gで102kcalなので、こちらもかなり抑えられていますね。

糖質は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)カレールゥと比較して、25%OFF。

開封してみました。
かなり黄色みが強いです。

パッケージから出してみると、かなりサラサラ。
カレーライス以外の、カレー味の料理にも使いやすそうです。

カレーの香ばしい香りが漂い、一気に食欲をそそります。

スポンサーリンク

マルコメダイズラボ大豆粉のカレールーの味の感想は?

フレーク状の一般的なカレーもよく使っており、それよりサラサラしているので、とろみはどうなんだろう?
とは思いましたが、普通にとろっとした感じが出てきました。

味がわかりやすいように、豚肉、玉ねぎ、じゃがいも、人参と、基本的な具材で。
ご飯は玄米にしてみました。

ルーの色よりかなり深みのある茶色に仕上がりました。

味は、ピリッと辛味が効いておるものの、辛すぎずに食べられるまさに中辛。
変な癖もなく、軽めな感じで美味しかったです。

一番ビックリしたのが、いわゆる一般的な作り方でない、ダイエットだ健康的だ。

と称するものには難色を示してくる夫には、白飯を合わせてみましたら、

美味しい!

と言ってきたこと。

一度目に作ってから、少し経ってから再度出してみましたが、ふつうに美味しいと平らげましたよ。

マルコメダイズラボ大豆粉のカレールーの購入先と通販は?

スーパーのオザムで購入しました。
お値段は278円(税抜)

どこにでもある商品ではなさそうなので、確実に手に入れたい方は通販も手です。

楽天市場の爽快ドラックは、税抜2,500円以上で送料無料。

まとめ買いでしたら、Amazonが1袋あたりお安くなる上に、定期オトク便にすると、更にお買い得になります。


さいごに

特にご家族がいて、自分だけグルテンフリーやダイエットをしている方にとっては、家族と一緒にカレーを食べることが出来るのも良いなと思いました。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

author名称