グルテンフリーCOOP玄米フレークの原材料カロリー糖質と食べた感想

グルテンフリーをダイエットや食事療法として取り入れていると、コーンフレークやシリアルが食べたい!と思う時があったり。

ところが、原材料を見ると小麦や麦芽エキスが入っているものが多く、玄米フレークならいいのでは?と思いきや、ケロッグには小麦が入っているのです。
そこで見つけた小麦が入っていないCOOPの玄米フレーク。原材料やカロリー糖質や食べた感想をお伝えします。

スポンサーリンク

グルテンフリーCOOP玄米フレークの原材料とカロリー糖質は?

コープの店舗とコープの宅配で購入できます。
2016年5月7日に店舗で購入した際には150g188円でした。

coop-genmaiflake1

原材料名は、玄米、三温糖、食塩/乳化剤(ショ糖脂肪酸エステル)、炭酸Ca、ビタミンC、ピロリン酸鉄、ナイアシン、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB6、ビタミンB2、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、ビタミンB12。
9種類のビタミンと鉄が配合されています。

製造者は日本シスコ株式会社。シスコーンでおなじみの会社です。

アルファ化された玄米フレークは消化吸収がよく、優しい甘さの三温糖使用。というのも、体を気遣う方には響く所。
coop-genmaiflake2

栄養成分表示です。
1食40gあたり、主な所で、エネルギー150kcal、たんぱく質2.8g、脂質1.2g、炭水化物33.5g、糖質32.4g、食物繊維1.1g。

ちなみに私は1食40gでは足りませんが(笑)目安として。
coop-genmaiflake3

スポンサーリンク

グルテンフリーCOOP玄米フレーク食べてみました

早速開けてみました。

ちなみに器はシスコーンの懸賞で当選したシリアルボウル。さすがシリアルを食べやすいように工夫されているというだけあって使いやすいです。
coop-genmaiflake4

見た目インパクトがあるのは一般的なコーンフレークより厚みがある!
一口食べてみると、サクサクとしたコーンフレークの食感でありながら、この厚みと噛めば噛むほどほんのりとした甘みが増して、満足感を感じます。

牛乳や豆乳をかけてさらに栄養バランスと満腹感を。はもちろん、このままぼりぼり食べても美味しい(^^
ついつい、あると食べてしまう美味しさで、私的にはおすすめです。

食事制限をしていると、どうしても、あれが食べたいこれが食べたい…な淋しさを感じる時がありますが、この噛みごたえのある食感はかなり満足感を感じると思います。

玄米フレークの詳細は
玄米フレーク 国産玄米使用 150g

全国の生協の店舗や宅配は
日本生協連

関東、新潟、長野、静岡、山梨にお住まいの方は、今なら資料請求でおためしサンプルプレゼントがあります。
生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」

さいごに

かなり昔から、手軽に食べることができ、ビタミン配合とうたわれていることが多いコーンフレークを好んで食べていましたので、グルテンフリーでシリアルを食べられてしかも美味しいとは!と、かなりうれしかったです。

ダイエットや食事制限とうまく付き合うには、手軽に食べられるというのも大きいと思います。
参考になれば幸いです。

また、同じ日清シスコ製造の一日分の鉄分玄米フレークも小麦が含まれておらず、こちらについての記事を書いております。
下のリンクからどうぞ。

グルテンフリー日清シスコ1日分の鉄分玄米フレークとCOOP玄米フレークを食べ比べた感想

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

author名称