米粉パンをグルテンなしホームベーカリーで焼いてみたコース選びと膨らまない原因

アレルギーやグルテンフリーで小麦を抜く生活をしててもパンが食べたい。
もしくはアレルギーのあるお子さんの給食にパンの代替品が必要になる場合も。

息子が小さい頃、複数の食材の除去食生活をしていた事があり、小麦なしのパンをHBで焼くのはかなりハードルが高かった…

お米の粉で作った小麦不使用のパンミックス粉を見かけたので購入して作ってみました。
その際に感じたポイントや食感についてお伝えします。

スポンサーリンク

米粉パンをグルテンなしホームベーカリーで焼いてみた

波里お米の粉で作ったミックス粉パン用を使ってみました。
スーパーのOKにて購入。500g入322円(税込)

komekopan1

国産米使用、小麦粉不使用は小麦アレルギーやグルテンフリーで小麦を避けている方にはうれしいポイント。
米粉以外には、食品添加物であるトレハロース、増粘剤(HPMC・ヒドロキシプロピルメチルセルロース)を配合しております。

komekopan3-3

袋には、ホームベーカリーでもっちりパン、電子レンジで蒸しパン、フライパン・ホットプレートでパンケーキと、三種類のレシピが記載されていました。
komekopan4

材料は袋に書かれていたレシピにほぼ忠実に、食塩のみ4gに変更しました。

材料(1斤分)

お米の粉で作ったミックス粉パン用 250g
砂糖                8g
食塩                4g
無塩バター            15g
水 (30℃前後のぬるま湯)     210g
ドライイースト           3g


作り方

1・パン羽根をセットした後、パンケースに材料を入れて一度よく混ぜてセットする。

2・早焼きコースと焼き色は淡いでセット(パナソニックSD-BT103使用)

3・ちなみに早焼きコースは2時間でした。

このパンケースからちょこっと出るほどのふくらみが嬉しい。
komekopan Gluten-free1

取り出したら若干へこんでしまいましたが、なかなかいい感じの色合い。
komekopan Gluten-free2

焼き上がりはとにかく生地が柔らかく、これはこれで美味しいのですが、パン切り包丁にくっついてくる程。
ふきんに包んで冷ました後に乾燥防止にビニール袋に入れて、一晩経ってから改めてスライスしてみました。

若干気泡はあるものの、きめ細かく焼きあがったという所ではHBでグルテンフリーの米粉パンに期待が持てます。
耳がさっくり、中はふんわりもっちりで美味しかったです(^^♪

komekopan Gluten-free3

糖質制限をしていた頃、大豆粉や小麦ふすまメインのパンを焼いたり購入したことがあり、当時は小麦グルテンを使っていて、ふくらみとしては大分出せていましたが、粉の食感はちょっと独特のものがあり、好みがわかれるかと。

粉の食感としては、米粉の方がなじみやすく、かつ小麦粉不使用でイケるのならこれはいいのでは!と感じました。

最初はあるポイントを見落としていたためか?今一つな出来に。

komekopan2

komekopan6

1回目はなぜこうなってしまったか?そして、2回目ではいい感じに焼きあがった原因について考えてみました。

スポンサーリンク

グルテンなしで作る時のコース選びのコツと膨らまない原因

袋に書いてあるポイントだけでは見落としてしまう部分。

それは「米粉パンコースがない場合のパン焼きコースの選び方」

波里さんのホームベーカリーで作る小麦不使用食パンの袋には、パン焼きコースについては言及されていませんが、ホームページには

サンヨーホームベーカリー使用の場合は小麦ゼロ食パンコース(機種:SPM-KP1)
ナショナルホームベーカリー使用の場合は早焼コース(機種:SD-BM101)

と記載されています。
私は最初ここを見落として、一般的な食パンコースで焼いたので今一つ膨らまないパンになったのでは?と。

それでは、なぜ早焼きコースで成功して、最初の一般的な食パンコースで失敗したのだろう??と調べてみましたら、

・小麦粉と米粉の特性の違い。
・お手持ちのホームベーカリーの焼きコースを知る。

というのが肝なのかと感じました。
むしろ、小麦粉のパン作りに慣れている方程、パンを作る際のあたりまえとは異なるので、見落としがちな所かもしれません。

まず、通常の小麦粉のパンを作る際のレシピで強力粉を指定されることが多い理由は、強力粉はグルテンの量が多いから。

パン生地を捏ねることによってグルテンの弾力を持たせ、一緒に入れるイースト菌が材料に入ってる糖分を栄養にして発酵することにより出てくる炭酸ガスを包み込み、逃がさないため、パンが膨らむようになってます。

また、一般的なパン焼きコースは、最初の捏ね→ねかし→再度捏ね作業があります。

それに対して、米粉はグルテンを含まないため、生地の弾力が弱く発酵で生じる炭酸ガスが抜けやすい所に、再度捏ねをすると膨らみが抜けてしまうので、材料を混ぜて寝かせる最初1回の捏ねのみにするのが良いのだと思われます。
※早焼きコースによっては2度こねがありますが、間の寝かす時間が短い場合が多いです。

また、米粉パンの生地の弾力を持たせられる程度の時間でしっかり発酵させるためには、最初から高めの水温の水(30℃前後)を使って、生地の温度を高めに保てるようにするのもコツです。

波里お米の粉レシピには、パナソニック、サンヨー、象印、ツインバード、エムケーのHBにて製パンテストした際の適正水温やレシピが記載されています。

波里お米の粉レシピ

ネットで購入は楽天のケンコーコムが1,900円(税抜)以上のお買い上げで送料無料になりますので比較的購入しやすいです。
レビューも2017年5月22日現在142件とかなり多いです。

※投稿日当時からパッケージの変更があったようです。

さいごに&関連記事リンク集

グルテンなしの米粉パンを安定して焼けるようになるまでは、若干慣れと経験は必要かと感じます。
私もまだ微調整が必要かな?と。
ただ、コストパフォーマンスの良さと、耳がサクサク、中身はふんわり感は先日紹介した玄米パンとはまた違った美味しさがありました。

初回と2回目では、ホームベーカリーで失敗した部分もあり凹みましたが、3回目は改善してみてまずまずいい感じに。

その時の様子は以下の記事からどうぞ。

米粉パンをグルテンフリーでホームベーカリーのレシピ食パンの側面がへこむ原因は?
米粉パンをホームベーカリーで作ろうとレシピを探すと、一般的な作り方は小麦グルテンが入っていることが多いですが、小麦アレルギーやグルテンフリーで小麦を抜く生活をしている場合はグルテンを入れずに作りたい所。 小麦不使用の米粉のパンミックス粉を見かけたので購入して作ってみましたが、初回は膨らまず、2回目は膨らんだものの側面が凹んでしまったりと試行錯誤中。 その中で、改善したポイントなどお伝えします。

最後まで読んでいただいてありがとうございますm(__)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

author名称